超音波治療器

人間が聞く事のできる音波の周波数は20kHz以下ですが、それを超える周波数帯の音波のことを超音波と言います。

超音波は、1939年にPholmannにより初めて医療に応用されて以来、診断と診療の両面で活用されています。
超音波治療器による超音波の発生原理は、高周波電流発生回路から出力される高周波電流が、同軸ケーブルを通して治療導子(プローブ)へと流れ、治療導子の金属板と一緒になっているチタン酸ジルコリアの結晶に流れることによって結晶の形態的変化が起こり、前面の金属板に振動が伝わり超音波が発生するというものです。 超音波治療器で使用される治療周波数は、1MHz・3MHzの2種類だけです。浅層部位(筋膜まで)には3MHzを使用し、深層部位(筋膜から骨)には1MHzを使用します。また、照射時間率(デューティ比)とは、照射している時間と照射してない時間の割合を示すもので、これにより治療の種類が変わります。一般的に照射時間率100%を「連続」と言い、温熱効果があります。一方、照射時間率が20~50%の場合は「パルス」と言い、非熱効果(機械的効果)が得られます。

超音波の生理的な作用は、温熱的効果と非熱効果(機械的効果)に分けられます。

温熱効果としては

  • 組織の伸展性を高める。
  • 血流の改善を行い循環不全による疼痛緩和を行う。
  • 筋紡錘の緊張をなくし筋スパズムの改善を行う。
  • 骨格筋の収縮機能を改善する。

などか挙げられます。

    機械的効果としては

    • 微細振動による細胞膜の透過性や活性度を改善させ、炎症の治癒を高める。
    • 細胞間隙の組織液の運動を活発にして浮腫を軽減させる。

    という効果があります。

      温熱作用を用いる場合

      1. 慢性痛
      2. 筋スパズム
      3. ギブス固定後の拘縮
      4. 術後の癒着、瘢痕

      非熱効果(機械的効果)を用いる場合

      1. 靭帯損傷・腱損傷
      2. 捻挫・打撲
      3. 創傷
      4. 潰瘍
      5. 局所の浮腫