24) 院長の副業・・・

たまには施術日誌ではない話題も・・・

 

院長の仕事は当然カイロプラクターであり、患者さまのお身体を改善するのが仕事です。

でも実は人の身体を壊す事も仕事なんです。(^^;

まぁ正確に言えば、現役を引退した今は身体を壊す技術を教える事ですね。

 

院長は子供の頃、虚弱体質で虐められっ子。

それが嫌で10歳から空手を始めて、今では空手歴35年。

愛知県豊田市に本部がある、空手道七州会の指導部部長であり本部道場の師範です。

今は週二日、月曜と火曜日に豊田市で2軒の道場をやっています。

実戦空手で実際に相手の身体を殴ったり蹴ったりするもの!!

悪く言えば試合の時は時間内にいかに効率よく相手の身体を破壊するかを競います。

こんな事を35年もやってます。

人の身体を破壊するのは構造がわかっていると簡単に出来ると院長は言います。

逆に言えば、人の身体のどこが弱く・負担がかかりやすいかもわかるんですね。

これは身体を治す事に通じる事。

道場では捻挫や打撲傷などの応急処置も当然行います。

治す事と壊す事、天使と悪魔が同居しているみたいですが(笑)

院長のプロフィールの一つをご紹介でした。(^^)

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする