施術日誌

最近の施術日誌がホームページではあまり更新してませんが、実は結構書いてます。

最近は動画を載せる事もよくあるので、facebookページを利用してます。

facebookの個人ページはfacebookに登録をしていない方は閲覧できませんが、facebookページはどなたでも閲覧できます。

動画等も簡単にアップできるので、最近は主に使用しております。

パーソナルトレーニングの様子や、MCトレーニングなどの動画などなど、たくさんの記事をアップしております。

是非ご覧ください!!

新しいホームページの下の方に「カイロプラクティック&動体療法Ange Facebookページ」のバナーから閲覧できます。

当院ではダイエットや美躯体改造を目的とする、パーソナルトレーニングも承っております。

某トレーニングジムの様な短期間ではなく、時間を掛けゆっくりと身体を変えて行きます。

辛いトレーニングの時間は短い方が良いのは当然、だから短期間でのダイエットしたいのはわからなくもありません。

トレーニングジム側も長期にわたって顧客を管理するのも大変なので、短期間で回転率をあげたくなります。

しかし短期間のダイエットにはそれなりのリスクも伴います。

短期間のダイエットでは摂取カロリーを極端に控え、消費カロリーを極端に高める事を行います。

極端な食事制限は精神的なストレスにもなりますし、目標に達成してからも、かなりの制限が必要になってしまいます。

折角、理想的な身体を手に入れても、食事制限をし続ける事でストレスになったり、食生活を元に戻すことでリバウンドしてしまいます。

極端な食事制限をせずに、ストレスを感じず継続できる範囲の制限を設ける事が大切です。

当然、ダイエット効果は短期間では出ません。

時間を掛け、リバウンドし難い身体づくりが大切なんです。

2014-05-14 02.14.35

時間を掛けてのダイエットは、体重の変化がすぐには現れず、見た目の変化もすぐには現れません。

「少しズボンがゆるくなって来たな・・・」とか「最近、肩こりや腰痛を感じなくなったな・・・」とか「疲れにくくなったな・・・」など、そんなところからの変化です。

見た目の効果が無いと、なかなか筋トレの継続できない方が多いです。

当院では2週間ごとにお写真を撮り、比較させていただいております。

ご自身では毎日鏡で見ておられるので、少しづつの変化に気づかないものですが、写真で比較してみると2週間でもちゃんと変化しています。

特に背中側の変化は気付かないものです。

僕らの仕事はトレーニング内容を指導するのがメインではありません。

ちゃんと変化を伝え、モチベーションを高い水準で維持していただけるようにアドバイスするのがメインの仕事です。

当院のパーソナルトレーニングは非常に格安です。

30分で2500円

週2回だけ一緒にトレーニングをし、他の日はご自宅でトレーニングをしていただきます。

ご自宅のトレーニングがメインなので、パーソナルトレーニングに来なくなる方もお見えになりますが、そういった方はほぼ継続できなくなり、ダイエットを断念されます。

継続するためのモチベーションを高く維持するために、パーソナルトレーニングは必要なんです。

上記の写真は当院の患者さまの実例です。

4か月で11kg減、非常に結果の出やすいタイプの方でした。

下記の写真は僕自身です。

10ヶ月を掛けての肉体改造!
極端な食事制限やプロテインを飲んだり、トレーニングジムへ通うなどは行っていません。

コツコツと職場と自宅での筋トレと食生活の見直しを行った成果です。

50歳の年齢でも、身体はちゃんと応えてくれます!(^0^)

2015-07-22 15.27.52

去年の9月13日から始めたダイエット&肉体改造も

10ヶ月が過ぎました。

百聞は一見に如かず!

ご覧の結果となりました。

ジムにも通わず、プロテインも飲まず、極端な食事制限も

しておりません。

今月26日で50歳を迎えます。

自分への最高の誕生日プレゼントの完成です!!

2015-07-22 15.27.52

2015-07-22 14.58.37

6月に入り、ダイエットの患者さまが非常に増えてます。

夏に間に合わせるなら、本当は1・2月から始めていたらベストなのですが。

9月より始めた院長のダイエット&肉体改造も9ヶ月が経ちました。

体重は79kg→68kgの-11kg

体脂肪は22%→14%の-8%

ズボンは全てサスペンダーがないと穿けません。

7月26日で50歳の誕生日です!

www

qqq

IMG_1044 (480x640)

患者さまを笑顔にするのが仕事!
今よりもっともっと笑顔に・・・

IMG_1434当院にお越しの患者さまは当然身体に何らかの不具合を感じてお見えになられます。

その不具合が痛みであったり、痺れ・凝り・気怠さ・重みなどなど様々です。

施術でそういった症状は確かに緩和しますが、それだけで良いのでしょうか???

そういった症状は姿勢の崩れなどからくる、筋肉の緊張の偏りや神経の圧迫などが原因!!

だからこそ姿勢にはこだわらなければなりません。

良い姿勢で過ごせれば、快適な状態が続くからです。

姿勢は初回の施術でもこんなに変わります!

しかし悪い生活習慣でまた元通り悪い姿勢に・・・

悪い生活習慣の改善と頻繁に姿勢を良い状態に戻すことで、良い姿勢を体に覚えこませる再教育が必要です。

姿勢は日頃、寝返りで改善するのですが、当院に来られる患者さまは良い寝返りが出来ない結果、今の症状があります。

「明日から寝返りをうちます!」っと言っても、無意識の時間なので無理!

だからと言って、頻繁に施術に来ることもできません。

当院では患者さまが、自分で姿勢を改善できる、簡単な体操をアドバイスしています。

日頃はご自分で姿勢のケアをしていただき、定期的に当院でしっかり施術。

これが当院がお薦めするケア方法です!!

imageランニングも加えて、絞り込みを強化!

カイロプラクティックAnge院長の近藤です!

空手の稽古で肩を壊し、暫く筋トレが出来ず、体重が増加してしまいました。

供給と消費のバランスが悪い状態です。

今回も消費を増加してのダイエットを実施しております。

9月13日からスタートし2ヶ月が過ぎました。

体重は79kg → 73kgの6kg減、体脂肪率は22% → 19%の3%減!

体脂肪率はタニタの体重計なので、あくまで目安です。

ウエストも10cm近くまで落ちてます。

今回のダイエットは器具を一切使用しない、自重のみの筋トレメニュー

当然、サプリメントやプロテインも使用しておりません。

メニューはスクワット・腕立て伏せ・腹筋の3種目のみ。

IMG_0535

これはまだ途中経過です。

目標は1年後には体重65kg・体脂肪率10%と言ったところでしょうか。(^0^)

一年も掛かる事は無いですが、急なダイエットはリバウンドがあります。

患者さまの施術の合間にコツコツと筋トレをして、筋肉を付けながら、脂肪を削ぎ落とします。

ちなみに私の年齢は現在49歳です。

身体は年齢に関係無く、鍛えれば答えてくれます

若さを保ち、幸せになり、成功するための秘訣は

毎日よく笑い、面白い事を見つけて、夢を持つ事!

年老いていく事と成長する事は全く別物。

何もしなくても歳は必ずとります。

歳をとるのに特別な能力も才能もいりません。

大切なのは、いつも「成長する」機会を見つける事です。

もう歳だからと諦めるのではなく、色々な事にチャレンジしましょう。

年長者は「やった事」への後悔はあまりありません。

「やらなかった事」への後悔はたくさんあるものなんです。

ダイエットなんて、気持ち次第なんですよ!(笑)

日中はまだ暑い日がありますが、朝晩は涼しくなって来ました。

もうこの時期から手足の冷えを感じる方もお見えになられます。

9月半ばより、そんな患者さまの為に施術に温熱療法を加えております。

ふくらはぎや肩・背中・腹部などを温める事によって、血行を良くし疲労回復・筋肉の疲れや凝りを取り・胃腸の働きを活発にします。

体温1度の違いで、免疫力は30%・代謝は12%と違うと言われます。

低体温の方はどうしても病気になりやすいと言えるでしょう。

カイロプラクティックや動体療法の施術で骨格を整え、正常な神経伝達を促し、体を温める事で血流促進・筋肉の疲労回復・免疫力や代謝を高める。

寒い季節には非常に心地よい施術方法です!(^0^)/温熱治療器

image62歳の女性の症例

初回来院時の主症状は右膝裏の痛み。

数年前には左膝に水がたまり、痛かった時期があったと言う。

階段を下りる時に非常に痛みがあり、歩行にも支障がある。

痛みが強く膝関節の完全伸展は出来ず、屈曲も30度程しか出来ない。

膝関節まわりの筋肉やを押圧しても痛みは無く、整形外科テスト法では、内側の半月板に僅かに陽性反応。

姿勢分析・棘上靭帯押圧テスト等を行い、骨格の歪みを見極め施術。

右膝関節に超音波治療器を施し、再検査。

完全伸展では痛みは無く、屈曲も90度まで自力で可能になられた。

歩行もしやすくなったようだ。

半月板の損傷の疑いがあるので、整形外科でMRIを撮られるようにアドバイス。

ただ術前の姿勢分析で気になる事が一点。

痛いはずの右足重心で立たれている。

本来、痛みから逃れる為に左重心になるのなら理解できる。

一応、この不自然さを患者さまにお伝えして初回の施術を終えた


2回目の来院時は10日後、整形外科でMRIを撮られ、結果を持っての来院。

両膝の内側の半月板に僅かな傷が見つかったが、歩行が困難な程の痛みは出ないはずだと言われたようだ。

ではこの痛みの原因はと聞くと答えてはくれなかったそうだ。

2回目の来院時の症状は臀部からふくらはぎに掛けて強い張り感と痛み。

これを聞き前回の不自然な姿勢の原因が理解でした。

この患者さまの膝裏の痛みの原因は下部腰椎での神経圧迫。

坐骨神経痛だ!

前回、膝裏のみの局所的な痛みだったので、坐骨神経痛を疑わなかった。

椎間板で問題がある場合、患側側に重心を掛ける事がある。

2回目の施術はあえて膝は触らずに、腰部の施術に変更。

術後はまだ痛みがあるものの、来た時の痛みとは全く違うと言う。

寝ていても痛かったのが、寝ている時は全く痛みがなくなったようだ。

もう一度、整形外科に行っていただき、腰部のレントゲンやMRIを撮るようにアドバイスをして、2回目の施術を終えた


このように「痛いところ = 悪いところ」とは限らない。

肩こりや頭痛など、ふくらはぎの緊張が原因だったりすることもある。

僕らの仕事は症状にこだわって診てはいけない。

診るのは患者さま!

慢性的な症状など、生活習慣が関わっている事がお多い。

根本的な原因を取り去る為には、生活習慣の改善も必要。

症状にとらわれず、患者さまの全てを診なければならない。

理想であり、非常に難しいことではあるが…

1 / 812345...最後 »